東陽町 整体・東陽町カイロ整体院 HOME > 症状別・健康情報ページ > 健康情報・老化をまねく「糖」...

健康情報・老化をまねく「糖」にご注意を!

日常生活で何気なくとっているソフトドリンクやお菓子には「果糖」といわれる糖質が多く含まれています。
この果糖といわれる成分は老化を促進させてしまうことが分かってきています。

なぜ老化してしまうのか?
人間の老化の原因として糖分の摂りすぎで体のタンパク質(肌、筋肉等々)が「糖化」してしまうことが あげられます。 「糖化」とは、体内にあるタンパク質と、食事によって摂取した「糖」とが結びついて 糖化しタンパク質ができてしまい、体内に蓄積してしまうことです。糖化したタンパク質は、硬くもろく なってしまいます。なので肌に溜まればシワなってしまい、骨に溜まれば骨折しやすくなります。
この糖化を促進させてしまう成分が「果糖」です。名前を見ると果物に多く含まれていそうなイメージ
ですがバナナやイチゴやパイナップル等の果物は100g食べても2g程度しか含まれていません。
しかし、缶のジュースなどは一本で20~30gも果糖が含まれています。
健康のためには甘いものは自然の果物を中心に摂る方がいいですね。
また普段の食生活も、なるべく血糖値をあげないことを心がけることが糖化の予防になります。
簡単な方法としては糖質を一度に多く摂らずに小分けにすることです。
一度の食事ではご飯の量を控えめにして、その間にバナナ等の質の良い糖分で血糖値を安定させます。
白米に胚芽米や玄米を混ぜたり、野菜を多くとるのも有効です。これらの成分には食物繊維が多く消化
を遅くする働きがあるので糖質の吸収もゆっくりになり血糖値の急激な上昇を防げます。
やはり、腹7分目で野菜を多く摂ることが重要です。

東陽町カイロ整体院

住所 〒135-0016  東京都江東区東陽5丁目31-21 藤ビル102 アクセス 東西線東陽町駅より徒歩4分

受付時間 平日10:00~20:00 土日祝日10:00~16:00 定休日 火曜日

03-6666-4156

お得なWEB割引キャンペーン実施中

メールでお問い合わせ

より大きな地図で 東陽町カイロ整体院 を表示

▲ページ上部へ戻る

お気に入りに追加

口コミランキング1位獲得

ご利用された皆様の声

お得なWEB割引キャンペーン実施中

症状別ページ

所在地
〒135-0016
東京都江東区東陽5丁目31-21
藤ビル102
アクセス
東西線東陽町駅より徒歩4分
営業時間
【月・水・木曜】12:00~21:00
(最終受付20:00)
【平日】金曜15:00~21:00
(最終受付20:00)
【土日祝】10:00~17:00
(最終受付16:00)
定休日
火曜日
電話番号
03-6666-4156

お知らせ