股関節が硬い?歩きにくいのはどうして?

ウォーキングをもっと楽しみたい!

楽しみたいのに歩きにくい・・・

ウォーキングをされている方、よくお見かけしますね!

走るのは苦手でも、ウォーキングは気軽にためしやすい運動のひとつですね。

いい運動になるだけでなく、気分転換にもよさそうです。

 

東陽町カイロ整体院にもウォーキングを習慣にされている方がいらっしゃいます。

「前より歩きにくくなったような気がする・・・」

こういったお話をうかがいました。

もしかすると股関節が硬いのかもしれませんね。

歩きにくくなってしまうのはどうして?

股関節が硬いのかも?

あなたはこのようなことはありませんか?

  • いつも同じコースを歩いているのに万歩計の歩数が増えている
  • いっしょに歩く友人とくらべて一歩が小さく感じる
  • 前より歩く速度がおそくなった気がする
  • 足が前に出にくくなった気がする
  • お尻をふって歩いている、と友人に指摘された

あてはまることがありませんでしたか?

なんとなく気にかかっていたことがあったのではないでしょうか。

股関節が硬くなるのはどうして?

歩くときに使う筋肉がうまく使えなくなっている?

下半身には全身の約70%の筋肉が集まっています。

そのほとんどが股関節に関連しているのです!

もちろん歩くとき以外にも使われる筋肉なので、日常生活での負担により硬くなってしまいます。

たとえば・・・

  • デスクワークで長時間すわりっぱなし
  • 仕事や家事で前かがみでの作業が多い
  • 通勤電車で長時間立ちっぱなし
  • 自宅では床に直接すわって過ごすことが多い

こういった日常生活での動作も、筋肉に負担をかけて股関節を硬くする原因となります。

チェックしてみましょう!

股関節を動かす筋肉をチェック!

【チェック方法】

平らな床や地面の上で、片足立ちで立ってみましょう!

片足ずつ、右も左も両方ためしてみてください。

 

いかがでしょうか?

思ったよりふらつきませんでしたか?

ぐらっときて、すぐ上げた足をつけてしまった方もいるのではないでしょうか。

こっちの足は平気だったけど、こっちの足はふらふらする!と左右でちがった方もいらっしゃると思います。

 

ウォーキングなどで歩くときにいちばん使われる筋肉は、お尻の筋肉です。

お尻の筋肉は股関節を動かすだけではなく、体を支えるという役目もあります。

片足立ちをするときはお尻の筋肉にうまく力が入り、ふらつかないように支えてくれるのです。

 

ふらついてしまった方は、お尻の筋肉がうまく使えていないのかもしれません。

お尻の筋肉の支える力が弱まってしまうと、股関節がスムーズに動かなくなってしまいます。

  • 足がすっと出ない
  • 歩幅がせまくなってしまう
  • お尻をふって歩いてしまう
  • ちょっと歩いただけで疲れてしまう

こういったことにもつながってきます。

股関節の硬さをなんとかしたい!

股関節をスムーズに動かせるようにしたい!

お尻の筋肉はすわりっぱなしや立ちっぱなしの時間が多いと、緊張して硬くなっていきます。

筋肉は硬くなることで柔軟性がなくなり、うまく使えなくなってしまいます。

かんたんなストレッチでも硬さをゆるめることができます!

まずはためしてみましょう!

 

【お尻のストレッチ】

中殿筋(ちゅうでんきん)を伸ばしてゆるめてあげましょう!

【やりかた】

(説明しやすいよう右足からおこないます。どちらからでも結構です。)

  1. イスにこしかけます。
  2. 右足をあぐらをかくように上げて、左の太ももにのせます。
  3. 背すじを伸ばし、顔は正面へ向けます。
  4. 背中を丸めないように注意しながら、上半身をゆっくり前にたおしていきます。
  5. 右側のお尻が伸びる感じがしたら、そのままキープ15秒!
  6. 左足も同じようにおこないます。

通常どおり呼吸しながらおこなってください。

左右それぞれ1回ずつ、朝晩で2セットを目標にためしてみましょう!

慣れないうちは、お風呂上りの体が温まった状態でおこなうのがオススメです。

ストレッチの前後に片足立ちをして、立ちやすさの変化をチェックしてもいいですね!

ウォーキングを楽しもう!

股関節をケアして歩きやすくしてあげましょう!

せっかく始めたウォーキング、できればつづけて楽しみたいですよね。

股関節だけでなく、体がうまく使えないとせっかくの運動も負担となってしまいます。

 

歩きはじめる前に「姿勢を整える」のもオススメです!

  1. 足の裏を地面にぺったりつけるような気持ちでまっすぐ立ちます。
  2. 正面を向いたまま、くるぶしの真上に骨盤、骨盤の真上に頭をのせるように調整します。
  3. 頭のてっぺんから足の裏まで、一本の軸が通るような感覚があればOKです!

体がぶれにくく、余計な負担が減るので歩きやすくなります。

カンタンなので、ぜひためしてみてください!

お尻のストレッチもどんどんやってあげてくださいね!