子供の頃から股関節が悪くて最近痛みが増してきた場合の対処法

「子供の頃から股関節が悪いけど、最近痛みが出やすくなってきた」

子供の頃から感じていた股間節の痛みが大人になって出やすくなってしまう方がいらっしゃいます。

特に女性に多く、先天性股関節脱臼と呼ばれている股関節の問題の場合が多いです。

股関節の骨盤側の溝が浅いせいで、大腿骨という足の骨が上のほうにズレやすく、負担がかかってしまうことにより痛みが出てしまいます。

痛みが出る方は50代を過ぎてからの方が多いのですが、早いと20代でも気になる痛みが出てしまう方がいます。

この記事を読んでもらえれば、子供の頃から悪い股関節が痛くなってきたとき何をすればよいかが分かりますので是非最後までご覧下さい。

まずは病院に行って現状を確認しましょう

子供の頃から股関節が悪い方は、股関節自体に多かれ少なかれ問題を抱えています。

まずはあなたの股関節が今どのようになっているかを確認して、お医者さんの意見を聞きましょう。

そのときに行く病院ですが股関節を専門に診てくれる整形外科がありますので、できれば股関節専門外来を受診されることをオススメします。

病院に行ったけど手術をするほどではない。その場合は股関節を専門に診れる整体院へ

病院に行くとレントゲンを撮ってこのようなことをお医者さんから言われる場合が多いです。

「ここのスキマが少し狭くなっていますね」

「ここが少し変形していますね」

骨のほうに少し問題があるけどすぐに手術をするほどではない。

でも痛い。

その場合は整体院で診てもらうことを考えてみて下さい。

探す整体院ですができれば股関節を専門に診れる整体院がおすすめです。

軽度の肩こり、腰痛とは違い、股関節は整体院によって得意、不得意が分かれるところです。

まず自分でできることはストレッチ

病院に行こうかな、整体に行こうかな。

でも自分でできることをまずはやってみよう。

と思うかたはストレッチをしてみましょう。

股関節の前が痛いのか横が痛いのかによって行うストレッチは変わってきます。

股関節の前の部分が痛い場合はふとももの前にある大腿四頭筋という筋肉が関係している場合が多いのでこちらのストレッチを行ってみましょう。

【大腿四頭筋ストレッチ】

  • 立った状態で痛い側の膝を曲げます
  • 曲げたほうの足首を手でつかみます
  • 上に向かって足を引き上げます
  • ふとももの前部に伸びてる感覚があればOKです
  • そのまま15秒キープです

次に股関節の横の部分が痛い場合はお尻の筋肉である大殿筋や中殿筋が関係している場合が多いのでこちらのストレッチを行ってみましょう。

【殿筋ストレッチ】

  • イスに座った状態で痛いほうの足をあぐらをかくように曲げます
  • 曲げた足を逆側の足の膝上に起きます
  • 背筋を伸ばします
  • 背筋を伸ばしたまま上体を前に倒します
  • 痛いほうのお尻に伸びてる感じあればOKです
  • そのまま15秒キープです

どちらのストレッチも回数は朝晩1セットずつ行うようにしてください。

※股関節に変形があって痛みが強い場合は無理な力でストレッチを行うのは危険なので控えて下さい。

ストレッチをしても痛みが変わらない場合

ストレッチを1週間以上続けてみたけど痛みや違和感が変わらないという場合は東陽町カイロ整体院までご連絡下さい。

東陽町カイロ整体院は股関節を専門に診ることが可能な数少ない整体院です。

カウンセリング、検査を行い股関節がどのような状況になっているのか、何をするべきなのか、今後どうなるのかを丁寧に説明してから施術を致します。

そのため近隣の東陽町、南砂町、木場からだけでなく電車で1時間程かけて通われている方もいらっしゃいます。

不安な股関節の痛みがございましたら是非東陽町カイロ整体院までご連絡下さい。