股関節、足の付け根の痛み

あなたはこのような悩みをお持ちではないですか

  • 歩いていると足の付け根が痛くなる
  • 長く立っているとお尻の横が痛くなってくる
  • 足の付け根から膝にかけて痛みが出てくる
  • 足の長さの違いを感じる
  • 寝返りをすると足の付け根が痛い

股関節痛、足の付け根の痛みの原因

股関節痛や足の付け根の痛みの原因は大きく2つに分けることができます。

・筋肉の問題
・股関節の骨の問題

それぞれ説明していきます。

原因その1:筋肉の問題

多くの股関節痛には筋肉の問題が関係しています。後述する骨の問題であっても筋肉の問題が混在して強い痛みになっているケースがほとんどです。

股関節は大腿骨の上部にある骨頭(こっとう)と呼ばれる球状の部分が、骨盤の寛骨臼(かんこつきゅう)と呼ばれる所にはまるような形状をしています。ちょうど電球がソケットにはまっているような状態です。

股関節は人体の中でも大きな関節で、かつ球状です。そのため人の体をしっかり支えるという役割を担うと同時に様々な動きにも対応しなくてはいけません。

そのため股関節は前、後ろ、横、内側と大小様々な筋肉がくっついています。

そのどこかの筋肉が固くなってしまうことで、股関節の支える力、動きを妨げてしまい痛みに繋がります。

原因その2:股関節の骨の問題

骨の問題は病院でレントゲンを撮ってもらうことで分かります。

先天性股関節形成不全

生まれてきたとき、若しくは乳児期に、大腿骨と股関節の位置関係が悪く脱臼している状態のことを指します。

先天性股関節形成不全が赤ちゃんのときにあった場合、大人になっても股関節の安定性に欠けることから筋肉、骨に負担をかけてしまい痛みを出すことがあります。

臼蓋形成不全

股関節は骨盤の寛骨臼(かんこつきゅう)と呼ばれる部分にはまり込んだ構造をしています。この骨盤のくぼみが浅く、不完全なことを臼蓋形成不全といいます。

くぼみが浅いことから、関節としての安定性にかけ、周辺の筋肉や関節の骨に負担をかけやすく痛みを出すことがあります。

変形性股関節症

主に加齢により、股関節の変形がおこる症状です。また、先天性股関節形成不全や臼蓋形成不全の人もなりやすい症状です。

長期にわたり股関節に負担をかけることで、軟骨がすり減り、関節の隙間が狭くなります。

進行すると関節の隙間がなくなり、削られた骨が変形してしまうことで骨棘(こつきょく)と呼ばれるとげ状のものができたり、骨盤側のくぼみが削られて関節がずれる状態になることがあります。

股関節の溝が浅い場合や股関節の骨が変形している場合手術しかない?

股関節の溝が浅い場合、重度であれば手術をしたほうが良い場合があります。

手術をするほどではない場合は経過観察です。

この時期は何もせず痛み止めや湿布を使いながらほっておけばよいのかというと全く違います!!

「何をするべきで、何をするべきではない。」

これを理解して実践しているのと、何もしらないでただほっておくのでは股関節の問題が進行するスピードは明らかに違います。

そもそも股関節の問題が出てしまった方は股関節に問題が出やすいカラダの使い方をしているケースが圧倒的に多いのです。

その代表的はものは姿勢歩き方です。

股関節に問題があるほとんどの方は股関節が悪くなる姿勢や歩き方をしています。

股関節に問題がすでに出てきているのに、股関節に負担をかける姿勢や歩き方を続けていれば当然症状が悪化するスピードが速くなる可能性があります。

股関節の骨に問題があるけど手術をするほどではない。

そのような方ほど

「知っておいたほうが良いこと」

「気を付けたほうが良いこと」

この二つが沢山あります。

東陽町カイロ整体院で行うこと

変形性股関節症がかなり進行してしまった人など一部の方は手術をすべきですが、多くの方は手術をしなくても改善します。

①股関節の痛みの原因を徹底的に探ります

あなたの股関節の痛みがどのように起こるのか、痛みが出ている場所がどこかをヒアリング、検査でしっかり調べます。痛みの出方、場所によって原因は全く変わってきます。

痛みの原因がどこにあるのか2つに分けて探っていきます。

・股関節の痛みが出ている原因は体のどこにあるのか
・日常生活のどこに問題があって股関節の痛みが出るようになったのか

体のどこに問題があって股関節の痛みに繋がったのか検査をして確認していきます。

股関節が痛くなってしまったのは、あなたが日常生活で知らず知らずのうちに股関節が痛くなる体の使い方をしてきた結果です。

体の使い方を変えてあげないと、一度良くなった股関節の痛みも再び同じような辛い状態になることがあります。

②筋肉をゆるめて整えます

股関節、足の付け根に痛みにがる場合、必ず硬くなっている筋肉があります。これは骨が原因でも同様です。

筋肉だけの問題であれば、筋肉の状態を整えることで股関節がスムーズに動くようになり、痛みが改善します。

また、骨の変形が関係していたとしても筋肉の状態を整えることによって「支える」「動かす」がしやすくなり、関節の隙間も広がることで痛みが改善します。

東陽町カイロ整体院では、普通のマッサージとは違いトリガーポイントという深い筋肉にもしっかりアプローチしていきます。

③日常生活で気を付けることをお伝えします

股関節の痛みを改善するためには問題となる体の使い方を把握して、変えてあげることがとても重要です。

いくら施術で股関節を改善しても、日常生活に戻ったとたん股関節に負担をかけることばかりしていれば、股関節の痛みが改善するスピードは遅くなり、場合によっては辛い膝の状態に戻ってしまいます。

そうならないように、東陽町カイロ整体院ではあなたのカラダの特徴をしっかり確認して、どうすべきかお伝えします。

改善後の変化

  • 歩いても足の付け根が気にならなくなった
  • 長く立っていても痛みがでなくなった
  • 長時間デスクワークができるようになった
  • 旅行に行く気力が出てきた

膝の痛みを改善することで生活が変わります!

※結果には個人差があり、全ての方がこのような結果になる訳ではありません。

東陽町カイロ整体院にすぐご連絡下さい

東陽町カイロ整体院のスタッフ集合写真

股関節の痛みの多くは改善します。

しかし、間違った対処の仕方や、薬や湿布に頼っていても中々改善されません。

股関節、足の付け根の痛みは痛みの場所や原因によって対処の仕方が変わります。

我慢せず東陽町カイロ整体院にすぐご連絡下さい。