【首、肩コリ】5年以上続く慢性的な首、肩コリ

folder未分類

江東区東陽町在住 30代男性 会社員  

ご来院までの経緯

5.6年前からずっと首、肩が重い。

重い、痛いといった気になる症状を常に感じている。

首を後ろに倒すと首に痛みを感じる。

時々手先にシビレを感じる。

何回か整体に行った。施術をしてもらった日は少し楽になるがすぐ戻ってしまう。

考えられる原因

検査、施術を行い下記の原因が考えられました。

①デスクワークからくる首、肩への慢性的な疲労の蓄積

システム関係のお仕事をされていて、仕事は常にパソコンをみている状態。

時にはストレスが強い業務もあるため、そのようなときは常に肩に力が入っているとご自身でも気づかれていました。

体操やストレッチを特に行っていないため、どうしても首や肩に疲労がたまり続けていることが考えられます。

②姿勢の悪さからくる首、肩への慢性的な疲労の蓄積

姿勢を横向きから確認すると、首が前に出るクセが強く、ストレートネックになっていました。

首が前に出ていると頭の重さを支えるための負担がより首、肩にかかってしまいます。

デスクワークをしているときの悪い姿勢が長年積み重なってしまい、悪い姿勢のクセも強くなっていました。

施術経過

施術は首、肩周りの筋肉をゆるめ、あわせて姿勢を整える施術を行いました。

特徴としてストレートネックの影響もあって首の横の部分である筋肉の硬さが目立ちました。

3回程の施術で、筋肉がゆるんできて常に感じていた首、肩コリが楽になってきました。

4回目以降ではストレートネックが強かったので姿勢指導に加えてストレートネックを改善するセルフケアもお伝えして行ってもらうようにしました。

施術を行い、姿勢を意識して改善してもらい、ストレートネック改善のセルフケアを行ってもらうことで、首肩コリは改善され、時折気になられていた手のシビレも出なくなりました。

施術者コメント

長引く慢性的な肩こりでお悩みの方は多くいらっしゃいます。

今回の患者さんは特徴として、首が前に出る状態で固まってしまう、ストレートネックのクセが強くありました。

ストレートネックはクセなので首、肩周辺の筋肉をゆるめて整えてあげることで改善されます。

しかし、クセが強くなってしまうとセルフケアを並行して行うほうが効果的です。

首、肩の状態を良くしてもストレートネックが強いと、早い段階で筋肉が硬い状態に戻ってしまいます。

そのため、今回は施術で体の状態を整えながら、ストレートネックの改善を患者さんとの共通の目標として取り組んだ結果、首肩こりが改善されました。